医療マネジメントについて

近年少子化、高齢化が進んでいます。
その影響で医療の高度化が余儀なくされています。
加えて国民医療費が年々増加しており、この国民医療費減額のために国庫支出金を減らすことに踏み出しています。
このため現在病院の収入は減りつつあります。
従って少ない収入で高度な医療を提供しなければならなくなりました。
ただ漫然と病院経営を行う時代は終わりつつあり病院にもマネジメントの技術が求められる時代になりました。
分析の方法を改めることや、情報の電子化、カルテ管理を変えていくなど様々なマネジメントが必要になってきました。
このように現代は少子高齢化が進んだことにより、病院の収入が減り、いかに少額で高度な技術を提供できるかというマネジメント力が必要な時代になりました。