医療におけるマネジメントについて

不況とあまり縁がないように見える医療業界ですが、内実は厳しいものがあります。
国民の医療を見る目は年々厳しくなってきており、加えて、日本の財政難の問題から、診療報酬や介護報酬の減額が続いており、経営も楽なものではありません。
そのためには、適切な管理、すなわち、マネジメントが必要です。
病院やクリニックのほうからみれば、適切な医療を提供すると同時に、赤字は避けるべきであり、支出や収入の適正化をはからなければなりません。
そのために、時代に即した経営や人事などに精通した人材が求めれられています。
加えて、医療情報の管理も重要であり、そのマネジメントについても専門職を配置する病院が増えてきています。
自治体や国の立場から言えば、住民の健康をマネジメントする必要があり、それにより社会福祉費の増大を防ぐことができるわけです。